2018年9月6日木曜日

新刊できましたえ『PARIS PARIS』

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

台風、地震と、自然災害続きですね
みなさま、ご無事でしょうか

先日の台風、経験したことのないすさまじさでした
「これヤバいやつや…」と10秒おきに娘につぶやいていたところ
停電

午後3時に停電して、復旧したのは夜中の3時
電気って、日常って本当にありがたいなぁと
心細く過ごした夜でした

どうかみなさまも
あたたかい場所で安心して暮らせますように


さて、今日は新刊のご案内
写真集できました
『PARIS PARIS』
そう、そのまま「ぱりぱり」と読んでください
声に出して言ってみて
ほら、こぎみいいでしょ


著者の藤田一咲(いっさく)先生は
とにかくおしゃれ
洒落乙な写真を撮られます
みてこの表紙
過ぎるわ、オサレ


ご存知エッフェルタワー
こんな角度で撮る?
ねえ観光に行ってさ、こんな角度で撮る?
わたしなら間違いなく
頭の上に手ででかい三角つくって撮るわ
もち、足は肩幅以上に広げるわ



見てん、このオシャンならせん階段を
こんだけ暗かったらわたし撮るのあきらめがち
もしくはフラッシュたきがち
でも実際見たらたぶんこんな光の具合なんでしょな
それをそのまま我々に見せてくれる
それがプロの仕事だよね、すげえ


柱の影

遊園地の木馬

壁に描かれた絵
欧州感ハンパない

文具店かと思いきや
看板にカフェの文字
あれか、カフェの中で雑貨売ってる
注文してる間に雑貨見ちゃう
あの散在させるシステムのやつか
くうう、、、買う(キッパリ)



公園の中にこんなお店があるんですってよ
カフェ併設のお菓子屋さんだって
右側のガチャが気になる
何が入ってるんやろ

どうでもいいけどこないだ買い物中
鉱石のガチャがありまして
娘やりたがりまして
わたし全力でとめまして

だってあやしさ満点
【ダイヤモンドが入ってるかも!】(WORD的明朝体)
て書いてあって

でもなー
このパリのガチャみたらわたしやるやろし
ガチャって基本、度胸試しみたいなとこあるし
いやもう何の話



地下鉄の入り口かわいすぎ
メトロポリタンミュージアム(大貫妙子)



からのルーブルミュージアム
みんながモナリザ撮ってるところを撮る
藤田先生、モノクロの写真もええのよ
キューバの時もよかったしょ→『CUBA★CUBA』できました



同じ絵をずっと見つめる女性の後ろ姿
離れがたくなる絵や景色に出会えるってほんとすてき
ひとりでもだれかとでも、貴重な時間ですね

ちなみにこの隣のページには
「美術館で見つめ合う恋人たち」
ええのう、心からうらやましいわ
だからここでは載せないんだから

ちなみにちなみに
この写真集の中、ちょこちょこ出てきますよ
ラブラブな恋人たちが
(小さく舌打ち)

これを見ているよい子のみんながやさぐれてはいけないので
ここでは載せないお☆自粛するお☆
けしてアオアザの妬み嫉みからではないんだお☆



路地裏のにゃんこ先生
お散歩したいですな


でましたステキカフェ
旅したい、ああ旅したい


そうだ、蚤の市もありました
本当に京都と共通点が多いなとおもふ
パリの市行ってみたい、爆買したい


個人的に気になるページを抜粋しましたがいかがですか
全体見て「いやアオアザ偏りすぎやろ」的な批判的ご意見は
残念ながら受け付けておりません。

amazonでも発売中!→『PARIS PARIS』

2018年8月8日水曜日

この4か月をふりかえると(京都手帖)

はあ
すんごい暑かったですね、夏
ロケットスタートしすぎしょ

ただいま8月お盆前
わたくしはといいますと
例年通りアレをつくっております
京都手帖

毎年だいたい春から本格的に始めるんですけど
今年はつくりながらの進捗ブログ更新しちゃうぜ☆的な
編集部から愛をこめて実況中継いまこんなことしてます☆的な
そんな意気込み
そんなこころもち
だったはずなのに


いま何月て?

うそやんまさかの責了直前


筆まめの反対語ってなになの
いやうそ聞きたくない教えないで


とりあえず春先にワープした気持ちで書いてみる

まずはね、行事
行事を暦によって動かしていく表をね、つくるんです
行事によっては
●月●日と決まってるものもありますけど
●月の第●日曜日とかそんなんもけっこうありましてね


そして
コラムページのお菓子やお店のセレクトをつめていきます
1年通していつも考えてはいるのですけれど
バランスみて決めていきます


それから撮影
お菓子はスタジオで撮影します
撮影→実食 の流れなので
その日撮影するもののバランスも入念に
甘いもの甘いもの辛いもの辛いもの辛いもの
辛いものそんなになけりゃ自腹で買ってくる
甘いもの続くとおなかこわしちゃうんですよね
塩辛腹


その後
お店に取材のアポ取り→撮影取材
今年もガチで自分の好きなお店を選びました
100%全力出し切りました
悔いなし

ごはんものの撮影だと
撮影後「どうぞ」と言われることが多いので
カメラマンとおいしくいただきます
いただきながらお店の方と話して、そこから文章にします
今回はですね、結構何度も書き直した
限られた文字数の中で、このお店のいいところ
できるだけつめこんだつもりです

その甲斐あってか
文章をお店の方にほめられたり
すごくすごくうれしかったなあ

お友達もできました
取材先の店員さん23歳(くらいだったはず)
今度いっしょにランチ行くんだ

そんなこんなで
今年もとっても楽しい取材でした


そして並行して
社寺への掲載許可申請
毎年350軒くらいの社寺にお手紙を出して確認してもらいます
この行事、この日で間違いないですか
拝観時間、変わってないですか、など
最初につくっていた表、ここで役立つわけです


さらに並行して
竹笹堂の原田裕子さんの木版画デザインの打ち合わせも
下書きを見せてもらって
そこから版画に仕上がってきて
今年もいい感じです
見たいでしょ、まだ見せないんだからねっ


ということでいま、
色校も終わり、表紙も決定し
帯のデザインもほぼ終わったところ

表紙見たいでしょ
もう少しお待ちくだされ
今年も期待裏切らないんだからねっ



2018年6月7日木曜日

つくってる、つくってるよ

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

あっという間に梅雨が入り
ああ、今年もどこかで梅雨入坊やが舞いを舞ったのだな
いまごろ、梅雨明け太夫は稽古の真っ最中だろうな
そんなことを思うまいにち


わたくしはといいますと
つくってます、『京都手帖』
2019年ですって
いま何年かわかんなくなっちゃう
元号も変わりますしね
わたしなんかはまだいいですけど
変更作業が大変な業界の方、お疲れ様です…


ただいま撮影取材の真っ只中
お願いしているお店の方、みなさんいい方ばかりで
楽しく伺わせて頂いております

我々の編集部では
撮影取材ということ自体、ふだんの業務ではなかなかありません
情報誌、出してないですからね
ガイド本も昔は出してましたけど
これもそういうのが得意な編集プロダクションに
撮影取材などはお任せするわけです

ですのでわたしにとって
撮影取材は年に一度のお祭りのようなものです
わっしょい
今年も祭の季節がきたんだよ


仕事そっちのけでお店の方とお話したり
仕事そっちのけでかわいい雑貨買ったり
仕事そっちのけでうんまいもの食べたり
そのそっちのけ感がいい具合に出ているのが
京都手帖なんではないかと思ってます
自己肯定感ハンパない

基本的に、わたしの大好きなお店を載せています
取材をお願いする前に
かならず、自分の足で訪問します
お店の日常の雰囲気を拝見し
わたしの独断と偏見と好みで掲載のお店を決めております

所在なさに耐えられない
自信のない自分の性格が邪魔をして
基本的に、カフェなどには長居ができません
オサレなカフェならなおのこと
食事が終わればそそくさとおいとまいたします

超有名店でも、ちょっと苦手だなと思うお店も正直あります
でもその空間が心地よいと感じるのは人それぞれ
わたしには合わん、と、それだけなのです

今回も大大大好きなお店がたくさん
わたしが居心地がいいと思うお店がたくさん
みなさんにも同じように感じていただけるとうれしいです




こうやってだらだら文章を書くのは好きだけど
文字数が限られるととたん、書けなくなるのはなぜなの
自由でいたいの、あたい
だから今回のコラムページ、拡大しちゃおうかな
うそだよ
各方面から怒られるからやめとくお

2018年5月10日木曜日

最近のこと

大型連休もおわり
みなさまいかがお過ごしですか
ごきげんよう、北大路アオアザでございます

ぐだぐだした内容のもの、
しばらく書いていませんでしたね
さみしかったんですか、さみしかったんでしょう
そんなの待ってるなんてあなた、だいぶ変態ですよ


こないだの冬、寒かったですね
寒すぎて2度もインフルエンザに罹りました
あれはツライほんとにツライ
次の冬がすでにコワイです

年もあけて2018年
わたくしはひとつ、習い事をはじめました
ダンスです
しかもヒップホップ
これ、リアルでいうと絶対聞き返されます
そして笑われます
なにが正解なのかな、社交?社交なの?
フラなの?ベリーなの?
とりあえずなにでも笑うんでしょ、知ってる

軽い気持ちではじめたダンスですが
思いのほか、ハマっております
先生が鬼厳しいんですけど
この歳になって他人に指導されるってこと
なかなかないですからね
女の先生ですけど、筋トレすげえさせるし
ガチで怒鳴るし(ひと回り下)

そんな厳しい先生なんですけど
とってもかわいい、魅力的な人なんです
なんていうか雰囲気がエロい
女から見て、非常にエロい
ええ、お察しの通り、わたし先生に惚れてるんです
(現状ノンケです)

そんな先生に最近彼氏ができたんだって
16歳年上の、え、16歳?
それってわたしより年上じゃないの
レッスン中は鬼なのに
すこし照れながらにこにこ話す先生
そのギャップたるや
ああ抱きしめたい(現状ノンケです、たぶん)

そうそう、生徒はわたし以外全員女子中学生
JCですよ、JC
話、合うのかって思うでしょ
これがね、合うのよわりと
今度いっしょにオサレなカフェいくの、いいでしょ


年明けにもうひとつ
稼働率の悪いクローゼットに嫌気がさして
100日間洋服を買わない宣言をいたしたのですよ
わざわざ半紙を買ってきて、筆ペンでしたため、
いまも机の前に貼っています

あれから100日というと
5月の連休中に節目がやってくる計算
結果?
そんなの聞くなんて、野暮じゃない

でも考え方がすこし、変わったような
洋服ってそんなに必要ないよね
似合うもの、すこしだけ持ってたらことたりる
今年中に稼働率50%くらい目指したい
これまでたぶん5~6%だったし


あとね、先月のこと
髪を短く切りました
25年ぶりのショートカット
ほうぼうで褒められ、ごきげんです


わたくしの毎日は、そんなところ

あと、お気づきになられたコアなファンの方もいらっしゃろうか
弊社のFacebookがマメに更新されていることを

編集部+みずちゃんで、自由なかんじで本の紹介をしたり、ね
そちらもお楽しみいただけるとうれしいです



2018年3月29日木曜日

新刊できてます『時代を語る 林忠彦の仕事』

春、春ですね
ごきげんよう、わたくしです
北大路のアオアザです

晴天がつづき、桜が映えますね
ひといきに咲いたので、何処へ行っても美しい
そんな京都

花粉のせいで頭が痛い
そんなアオアザ

ごぶさたしておりました
元気です、わたくし


さてね
新刊ができていたのでお知らせいたすよ

『時代を語る 林忠彦の仕事』
昭和の写真家・林忠彦
戦中・戦後の写真や
作家をはじめとする著名人の肖像写真
東海道など日本の風景をおさめた写真など
林忠彦が生涯を通して撮影した写真を収録しました


タイトル、箔どーん
銀の箔でどーん


総408頁、どーん
ボリュームが過ぎる

お気づきでしょうか
2016年に発行した『鬼の眼 土門拳の仕事』と同じ判型
ぼりゅーみーシリーズです
「の仕事」シリーズです

戦中の写真からはじまります
土門拳の写真集も戦中・戦後の写真がありました
ヒロシマの件、いま思い出しても泣けます
→過去記事「新刊できました!『鬼の眼 土門拳の仕事』」

林忠彦の戦中の写真はなんていうか、
あまり悲しい印象を受けないんです、わたしは。
ここに掲載されている写真には、笑顔の人が多い
そこに人の強さのようなものを感じたり


しょっぱなにこのおすもうの写真
艦上でお相撲大会してるんですって
めっちゃ真剣


出動前
なんだかすごく和やか
でも単純な笑顔じゃないんだよなって
胸が痛くなる、そんな写真



診療を受けるお子たち
あああ、おかっぱ
なんてかわいいんだろう
うちの娘もまったく同じ髪型にしたい



そして復員
ああもう笑顔
ほんとによかった



戦後で食べるものもあまりないなか
犬にも食べ物をわけてあげるお子たち
おぶわれるお犬
ちょこんと背中におさまってる感じかわいい



戦後、銀ブラがもどってきた
昭和25年
オシャンティなおふたりですな



ニューヨークの鉄道の切符売り場
終戦から10年ほどで渡米した林忠彦
アメリカの街並をみて、
「こんなに富裕な国と戦争をしたのか、
 無謀なことをしたものだと愕然した」
と記しています
衝撃的だったでしょうね
憧れと悔しさとばかばかしさと
入り混じった気持ちだったのかな



高架下の影
なんてオサレな



そして肖像写真
坂口安吾
迫力ある部屋ですな
ウチの社内にもこんなスペースがあったような
はて気のせいかしらん

表紙の太宰治をはじめ
さまざまな作家、役者、有名人をおさめています



寂聴先生
特別インタビューとして、寂聴先生のお話が
この本の中に載っているんですけどね
その中に
「ほんとにくつろいでいる感じが出ていて、
 色っぽく、お気に入りの一枚。」
だそうです
まっことその通り
この素足が、ああこの人モテるよなあ感をかもしてる
「好きになった男にはみんな、この写真をあげたので、
 方々にあると思いますよ。」
って寂聴先生
ほんとうにおもしろいなあ
読んでいてふふって笑っちゃう
とってもとっても魅力的



駿河 大井川
東海道の写真
カラー写真のページも少しあります
きらきらの水面から飛び立つ野鳥
この写真を撮るために
お友達が川のなかにそうっと入っていったそうですよ



名古屋城
右ページのしゃちほこは
撮影しようとしたら稲妻が光り始めたんですって
見たことないこんなしゃちほこ
左ページの石垣も美しいこと
狙って夜に撮影に行かれたそうですよ



本の見返し(表紙のすぐ内側)には
井上靖の生原稿を印刷
本文にも掲載しています
ほかには、大佛次郎や東郷青児の文章も
寂聴先生のインタビューページで
林忠彦はとにかく素敵だとおっしゃってるんです



「お洒落だとかハンサムだとか、単にそういうものではなく、
 なにか存在そのものが全部、「ああいいなあ」と。」

この写真から見てもわかるようにかなりのイケメン
でも芯の強さとか思いやりとか自信とか
そういうのひっくるめての男前なんでしょうね


そんな写真集です
絶賛発売中ですよ
ぼりゅーみーだし重たいから
amazonでもどうぞ 
『時代を語る 林忠彦の仕事』

2018年2月1日木曜日

ご朱印帖、新しいのつくりました

みなさまごきげんいかが
北大路アオアザでございます

いやあ、寒いですね
そして、あっという間に2月
まわりでもインフルエンザの方が多いですな
かくいうわたくしも昨年末にかかりましたし
あれはツライまじツライそうとうツライ
いろいろと愚痴りたいのですがまた別の機会に

さて
さてさてさて
なんと、新しいご朱印帖つくりましたー!
前回のkoha*ファブリックご朱印帖も超絶人気
(→『メイドイン京都のご朱印帖つくっちゃいました』
在庫がなくなってはつくり、を繰り返しております

ということで調子に乗って第2弾
今回のは、和紙のご朱印帖です


ぜんぶで4種類!
鮮やかな和紙に描かれているのは…


朱色の和紙に銀の箔
和服美人
和服美人の横顔
薬指の持っていき方
うなじの儚げな感じ

…そう、あなたがいま思った感情
それ正しいです
これ、エロいんです!!

言うたった
すっきりした言うたった

え、ご朱印帖でエロいって
それってなんか…大丈夫なん
ご利益的なものとか
書いていただく社寺の方の手前とか

いろいろあるよね思うとこ
でもね、いいと思うの
いいと思ったの
だからつくったの
完全に自分の趣味でつくったの
どうだいいだろうこれがメーカーです(断言)



ハイふたつめ
絶妙な紫色
高貴な紫色
大正ロマン風な着物女子
半開きの口元が…
やっぱりエロい!!なまめかしい!!

このイラストを描いてくださったのは
須川まきこさん
ふだんの須川さんの作品は
なんというか…もっと…
エロい
ただエロいだけじゃなく
見てはいけないものをのぞき見しているような
受け手に少しの背徳感を感じさせる作品が多いかと
そのぞくぞく感がたまらなく
わたくし、純粋に彼女の大ファンなのです

で、いつかお仕事できないかなーと
チャンスをうかがっていたのですよ
そしてこれ
ほれみなさいこれがメーカーの力です(断言2)


↑こちら、須川さんの著書
中身はもう少し過激なカットがあるんです
おっぱいとかね見えてるのよ
でもね、すんごく美しいのよ
もっと知りたいという方は、買ってください
『Lady Amputee in Powder Room』

このピンクのぽんぽん、なんとスピンなんです
しおりの紐ね
このアイデア見たとき
ずきゅーーーーーーん!!!
ってときめいたほか、うらやましかった
わたしもこんなんつくりたいって思った
amazonさんで買える本もこのつくりかなぁ
違うかもしれない、これ展覧会会場で買ったから
ぽんぽんはついてないかもしれない

わたし、この本をデスクの目の前の棚に置いて
いつでも視界に入るようにしています
ときにぽんぽんをさわさわしています、げへへ


さて、次いきます


ああ…ええわこれ
わたくし4つの中でこれがいちばん好きなんです
からし色の和紙に銀の箔
写真に撮ると見えづらいんですが
レースのめっちゃ細い線まで再現出来ていて
見るたびうっとり
でもこの表紙の女の子のどこが推しかって
足の指先
みてこのくるんってなってる足先
はあ…エロさ満開ですわ…
女の目線から感じるエロさが
男性のそれと重なるのかわかりませんが
わたくしはもうドストライク
ありがとうございます!!!
って隠していたM素質が爆発です



最後のひとつがこれ
鈍色(にびいろ)に金の箔で描かれるのは
傘をさした女性
ウエストのくびれ具合
痩せすぎていないちょうどいい肉付き
バッグに散らした花の繊細さ
パーフェクトでしょこれ
この美しいグレーの和紙にぴったりの女性



パッケージするときには
こんな素敵帯がついています
この帯、なんとトゥーディーにつくってもらいました
あのトゥーディーです(→過去記事
ナイス☆トゥーディー♪


さあさあ
amazonさんなどで予約しておりますよ!
『ご朱印帖 朱色』
『ご朱印帖 紫色』
『ご朱印帖 からし色』
『ご朱印帖 鈍色』

このご朱印帖もって、朱印めぐりへいきましょう
そして書いてくださるおじさまに二度見させましょう

2018年1月24日水曜日

新刊できました『ヨーロッパの路地・散歩道』

みなさま、ごきげんいかが
北大路アオアザでございます

新年のごあいさつもしっかりしていないうち
1月がもうすぐ終わるってどういうことだろ
いやそもそも年末のごあいさつもまだなのに
まあそういうぐだぐだの話は次の機会にして
まじめに新刊のご案内をするからねわたくし

さてできましたよ
新刊できましたよ
『ヨーロッパの路地・散歩道』
あのヨーロッパ三姉妹にフランスちゃん(→★)が
加わった売れっ子シリーズ
このたびめでたくヨーロッパ四姉妹になることに
キャッツアイから若草物語へ
おめでとうございます



みてくださいこの表紙の写真
白い石畳、ピンクの洋服や小物、青い海
なんというあまい雰囲気
正直、洋服などわたくしの趣味ではないけれど
それでも惹きつけられるこの感じ
たぶんすべての女性のなかに眠る
乙女の血がさわぐんじゃないかしら
でもわたくしなんかがあの椅子に腰かけたなら
バラエティの罰ゲームみたいに
後頭部から海に落っことされんのかしら



東欧、西欧、北欧、の構成になっとります
しょっぱなからこれよ、この写真よ
路地を抜けた先の開けた景色って
京都の街にもよくある光景
和と洋の違いはあれど
わくわく感はおなじですな



海と空と洗濯物と
風になびく洗濯物って平和の象徴
ジャパンだろうが異国だろうが
こころなごむ風景ですね


旅先のホテルの窓から顔出して
こんな景色に出会えたなら
一生忘れないんだろうな
いいな、旅って


崖レストラン
すてきだわ
酔っぱらったらおそろしいけど


夏の夜
ジャパンの夏の夜も好きだけど
ヨーロッパのそれってどんなんなんだろ
湿気ないのかな
湿気のない夏の夜って天国やん



石の階段すんごいことなってる
先人にならって真ん中を通るか
今後のバランス問題を鑑みて端っこを通るか



壁の色合いがかわいい
ピンクの隣に真っ青なんてオサレ



じりじり暑い夏が恋しい
もう寒いの飽きた
わたしも水辺でぱちゃぱちゃしたい


こんな数枚の写真では
この本のいいとこ、語りつくせない
なんでこのシリーズはこんなにも
旅に出たい気持ちにさせるのでしょう
心が苦しいわ、恋みたいだわ
罪だわ、もう、罪
お金も時間もないのだよ
特にお金がないのだよ

最近ね、本気でどこでもドアが欲しいわけですよ
すぐに故郷に帰れるし
すぐに沖縄に行けるし
行ったことない地にだって
個人所有が無理ならば
区所有、いや市所有でもいい
使用するたび利用料を払うから
24時間動かしていてほしい
そんなことを本気で考える38歳
やばいかな
やばいよね


はい、amazonで予約ね
『ヨーロッパの路地・散歩道』
まもなく発売ですよー







2018年1月16日火曜日

『京都手帖』編集室より⑤ 京都手帖+と今後の展開

先日からお届けしている、『京都手帖』制作のおはなし
第5回目の本日は、京都手帖+のこと、
これからの京都手帖のことをおはなしします。

*******************************

もっと「書き込みたい」手帳を

大:プラスをつくった経緯の話をしようか。
い:竹笹堂さんの木版画が表紙の『京都手帖』は
  かわいらしい印象のイメージでしょ。
  表紙はリバーシブルでシンプルにはできるけど
  中身は同じですしね。
  でもそうじゃない需要もあるんじゃないのかなって。
大:シンプルで、男性でも持ちやすいもの、だね。
い:ビジネスにも使えてね。

大:手帳って予定だけじゃなくて、
  仕事だったら打ち合わせした内容とかも書くもんね。
い:日記や家計簿の代わりにしてる人も多いですよね。
大:そういう「書き込みたい需要」にぴったりくる
  京都手帖がつくりたかったんだよね。

い:手帳の種類もたくさんあって、
  プラスをどのタイプにするかも悩みました。
大:バーチカルとか、レフト式とか、ブロック式とか…
い:いろいろ試作して、レフト式に落ち着きましたね。

京都手帖+(プラス)は、見開きで1週間

大:プラスは2014年からはじまったけど
  これまでに大きな変化はある?
い:フォーマットはあまり変えないようにしてますけど
  2018年で中の文字を少し大きくしました。
  編集部員の加齢により、文字が小さいと校正できない
  という現実問題もあり…(笑)
大:始めた頃は見えてたのにね…(笑)

い:それと、表紙の色は模索してますね、今も。
大:2014年は真っ赤だったもんね。



い:赤、目立つし、スタイリッシュでかわいいですよね。
  でも男性が持ちにくいという側面も…。
大:そこで2015年で黒にしたんだよね。
い:2015、2016と黒が続いて、でも飽きてきた。
大:「黒ばっかりでつまらない」っていう
  女性の意見もけっこうあったよね。
い:そうなんですよね。
  そこで、2017年は定番の黒に加えて、
  DM限定で白をつくったんです。

限定で白、つくりました

大:毎年、愛読者カードを返信してくれた方には
  発売前に案内(DM)を送ってるんだよね。
  そこでの限定だから、もちろん書店には並ばない。
い:白だし汚れが気になるところではあったんですが
  試作品が予想以上にかわいかった!
  女性には絶対うけると思ったんです。
大:「限定」ってコトバの力もあるとは思うけど
  「選べる」ってのが女性にはよかったんだと思うな。

大:2018年は、定番の黒、DM限定の白に加えて
  白に枝垂桜の柄が入ったものも発売したね。
い:これもかわいくてねぇ…(うっとり)
大:枝垂桜は書店でも販売してるよね。
  好評だといいんだけどなぁ。

白地にピンクがかわいい、2018年の京都手帖+


そしてまた、新しい『京都手帖』

大:プラスはプラスで、ニーズがあるね、毎年好評で。
い:いろんなパターンの『京都手帖』があってもいいんだ
  と思えたのは、わたしたちにとっても大きかったですね。
大:それから数年経って、今また新しい『京都手帖』が
  うまれようとしてるね。
い:ついに、ちいさくなった『京都手帖』ですね。
大:その名も『京都手帖 petit(プチ)』。
  そして四月はじまりだね。
い:これまでの京都手帖とはまた、違う雰囲気ですよね。
大:イガコがつくってないしね(笑)
い:そう、シエスタがつくってる。
  やっぱり自分がつくると、自分の世代を意識するよね。
  プチも若い女性向けって感じがするね。
大:かわいらしい雰囲気だよね。

シエスタと京都手帖プチ

大:こんなにじっくり『京都手帖』について語ること
  今までなかったね~。
い:ほんとですね。改めていろいろ考えちゃいました。
  これからやりたいことも少しクリアになったような。
大:年明けからまた編集始めるんでしょ。
い:ほんとはもう始めてなきゃいけないんだけど(笑)
  とにかくこれからもがんばります。



*******************************

長々と全5回でお送りいたしました
『京都手帖』制作現場からのおはなし。
いかがでしたでしょうか。
機会がありましたらまた、座談会スタイル、やってみます。
お読みいただきありがとうございました!